事業承継・M&A

中小企業の事業承継専門の税理士

弊事務所は、
中小企業の事業承継を専門に
サポートしている広島市の税理士です。

私もアトツギでした

実は、私自身もアトツギでした。
でも、家業は継ぎませんでした。
というより、継げませんでした。

だから、家業は廃業しました。

その時は、それが精一杯でしたが、
今は少し後悔しています。

なので、この世から少しでも
「望まれない廃業をなくしたい」

その想いで、事業承継をサポートしています。


詳しくは、こちらのブログを
お読み下さい。

家業を継がなかった身として

その対策、まだ終わってないかもしれません・・・

事業承継の最大のポイントは、
会社を継ぐ人と会社を継がない人のそれぞれが、
不公平感を抱かないように準備することです。

その為には、
税法だけ意識しただけでは不十分で、
永遠に事業承継問題は解決しません。

民法
会社法

この3つの法律をトータルで考え、
最適な事業承継の方法を一緒に考えます。

セミナー情報


2023年10月31日開催:事業承継セミナー

広島の中小企業、6社にご参加頂きました。

事業承継の用語解説ページを開設しました



わかりにくい「事業承継」の
用語をできるだけわかりやすく
解説しています。

事業承継に苦手意識がある方は、
ご一読下さい。


弊事務所の特徴

弊事務所は、他の税理士事務所の
事業承継対策とは、一味違います。

その内容を、一部だけご紹介します。

徹底的なヒアリング

弊事務所の特徴は、
「ヒアリング」にあります。

それぞれの方の立場を考え、
意向や生い立ちなどをお聴きし、
各々の感情に焦点を当て
対策を考えていきます。

  • 現社長
  • 後継者
  • 非後継者


※ この3者のヒアリングができない場合は、
  弊事務所では、業務の引き受けができ兼ねますので、
  ご了承下さい。

弊社のラジオCM

弊社のラジオCMでは、
事業承継による「兄弟の争い勃発」を
CMとして表現しています。

このような状況にならない為には、
当事者だけで決めず
全員の意思を確認することが
極めて重要となります。



事業承継のトータルプロジェクトマネージャー

弊事務所が、提携先であるその道の専門家
業務の依頼と詳細な情報を引き継ぎます

よって、お客様側で
専門家を探す必要はありません。

弊事務所が、プロジェクトの中心となり、
実行支援における舵取りを行っていきます。


M&A

事業承継のヒアリングを進めるにあたり、
最適な後継者がいない場合は、
外部承継として、M&Aを仲介させて頂きます。

中小M&Aガイドラインの遵守について



サービスの流れ

中小企業庁 事業承継マニュアル

中小企業庁 事業承継に関する主な支援策

フェーズ1:後継者選びと非後継者への対策

ヒアリング

現社長、後継者、非後継者への
ヒアリングを行う事により、
各人の立場の違いによる
認識ギャップを調整し、
各々が納得感のある事業承継を探っていきます。

所要期間:6ヶ月~1年

実行支援

決定した事業承継プランを基に
各専門家と連携しながら、
事業承継を実施していきます。

所要期間:3ヶ月~1年

非後継者への実行支援

この時点で、非後継者への
移転する財産を確定し、
非後継者も安心できる事業承継を実施します。

その場合に、足りない補償があれば
各専門家を活用し、保障確保を実行していきます。


フェーズ2:後継者への業務引継ぎ

事業承継の見える化

ヒアリングに基づいた後継者確定後、
事業承継プランを作成。

具体的には、
・現社長の業務を洗い出し
・10カ年計画の作成
・職務権限移譲計画の作成

等により、現社長の業務を見える化し、
具体的な事業承継のスケジュールの
言語化・資料化を実現し、
スムーズな事業承継をサポートします。

こちらは、現社長・後継者・弊社の3者
において実施していきます。

所要期間:6ヶ月~1年


フェーズ3:後継者のフォロー

アフターフォロー

後継者へバトンタッチした後も、
10カ年計画の定期チェックを行い
事業承継後もフォローアップし
後継者の不安にも寄り添います。




関連記事

家業を継がなかった身として

実家の家業を引き継がなかった事を
ブログで紹介しておりますので、
よかったらお読み下さい。


弊社の公式LINEアカウント
においても、定期的に事業承継の
情報を公開しております。

ぜひ、ご登録下さい。

友だち追加



お問い合わせ

事業承継にお悩みや
お困りの際は、ご連絡下さい。

また、今すぐでなくても
今後、事業承継の予定がある場合でも
大丈夫です。


◆お問い合わせフォーム



    事業承継は、準備に
    相当な期間
    を要します。

    いざという時に、
    会社や後継者候補が困らぬよう、
    早めの準備が重要です。

    PAGE TOP
    タイトルとURLをコピーしました