消費税

消費税

インボイスの税務調査

先日、あと半月ではじまる消費税のインボイス制度について、国税庁長官より税務調査の方針が日本経済新聞の記事に掲載されました。 インボイス制度は、課税売上げが1,000万円以下の事業者には、大きな事務負担があります。 今回は、免税事業者である個...
消費税

インボイス(2割特例)の手引き

インボイス制度について、2割特例の計算方法と申告書の記載の仕方を紹介します。2割特例は誰でも使えるわけではないので、事前に注意が必要です。また、計算方法や記載の仕方も紹介しますので、インボイスにより課税事業者となった方は必見です。
消費税

e-Taxの利用状況と消費税申告

e-Taxの利用状況より、電子申告の普及状況と今後の展望を考えてみました。また、今話題のインボイス制度ですが、令和5年分の申告時に起こり得ることを、統計データより考えています。インボイスについて迷っている方は、ぜひご一読下さい。
消費税

フリーランスのインボイス登録

フリーランスがインボイスの事業者登録をすると、個人情報がもれるのではと心配する方もいるかと思います。そんなフリーランスの方に、インボイスの事業者登録をした際の公表される事項を紹介しています。実際に公表される事項は、限定的ですので、事前に公表される事項を確認するようにしましょう。
IT関連

インボイスのメリットに迫ってみました

インボイスは、ネガティブに捉えられがちですが、いいこともあります。急速に進むであろうデジタル化に向け、デジタルインボイスもその一つの要因となります。現状で分かっている状況を解説しておりますので、デジタル化をお考えの場合は、デジタルインボイスの導入も前向きに検討していきましょう。
消費税

インボイス導入後の消費税申告書

開始まで6ヶ月を切ったインボイス制度。新たに消費税の新様式が公表されました。新制度「2割特例」を適用した際の計算方法と申告書の記載を紹介しております。現在、免税事業者の方は、あてはまる可能性が高いので、今後の検討にお役立て下さい。
消費税

フリーランスエンジニアのインボイス

インボイス制度が始まりますが、フリーランスエンジニアのインボイスについて、影響や検討すべき事項を紹介しました。現在、免税事業者の場合、今後課税事業者になるのか免税事業者のままでいるか、今後の事業を左右する重要な決断になるかと思います。その判断基準を紹介しておりますので、参考にしてみて下さい。
消費税

インボイスの登録申請

令和5年10月1日より開始するインボイス制度ですが、フリーランスの方等の事業者登録について、ケース別にご紹介しております。事業者登録をする場合に、現状の状況により記載する事項が違いますので、それぞれのケース別に記載事項を確認し、記載漏れがないよう注意しましょう。
消費税

インボイスの最新動向(税制改正大綱)

2023年10月から開始されるインボイス制度について、税制改正大綱で小規模事業者に対する負担軽減策が発表されました。インボイスの制度について、どうしたらいいのか悩んでいる方も多いかと思いますので、改正の内容と判断基準を紹介しました。インボイスの判断にお役に立てて頂ければ、幸いです。
消費税

インボイスの新たな負担軽減策

インボイス導入後、免税事業者から課税事業者になるかどうかを悩む方は多いかと思います。その場合に、ひとつの負担軽減策が議論されていますので、その内容を紹介しました。消費税の申告を行うのに、非常に負担が少なくなる措置ですので、検討の価値はあるかと思います。ぜひ、参照下さい。
PAGE TOP