事業承継・M&A

事業承継・M&A

【限定20社!】節税じゃない!広島で開催の事業承継セミナーで、次世代へのバトンタッチを具体化しよう!

広島市で3月20日に、事業承継セミナーを開催します。ただし、節税の話は一切しません!!事業承継を行う場合に、もっと大事なことを時系列にして、カンタンに紹介していきます。経営者の方、後継者の方、ぜひご参加下さい。
事業承継・M&A

会社の価値(株価)は、どうやって計算するのか_Part4

事業承継を行う場合に、株式を移転する方法が大きな課題となります。それは、予想以上に株価が高かったりするからです。そんな中小企業の株価について、株価の計算ロジックとその対策を紹介しました。ただし、注意事項もあります。注意事項を守って、適正に株価を下げたい経営者・後継者の方、必見です。
事業承継・M&A

会社の価値(株価)は、どうやって計算するのか_Part3

株価算定のひとつである「純資産価額方式」を紹介しました。事業承継をする際、株価の対策を考える方が多いですが、一体何をどうすれば株価が下がるのか、よくわからないという方も多いです。それは、計算のロジックがわからないからと考えられます。このブログでは、計算方法を解説しています。経営者、後継者の方必読の内容です。
事業承継・M&A

望まれない廃業をなくしたい

「望まれない廃業をなくしたい」との想いで、事業承継ビジネスを始めましたが、この度インタビュー形式の記事を掲載頂きました。弊社の事業承継サービスの内容が分かりやすく紹介されておりますので、経営者・後継者の方、必読の内容です。
事業承継・M&A

会社の価値(株価)は、どうやって計算するのか_Part2

中小企業の事業承継を行うのに、「今の株価がいくらか?」を知ることは、非常に重要です。スタートラインと言ってもいいほどです。そんな株価算定ですが、そのうちの一つ「類似業種比準価額」について、紹介しました。株価対策と言っても、その計算方法を知らなければ、対策もやりようがありません。中小企業経営者やアトツギの方、必見です。
事業承継・M&A

会社の価値(株価)は、どうやって計算するのか_Part1

「会社の価値(株価)」を記事にしました!自社株の評価方法や株価算定の手法のうち、今回は会社規模による区分の判定の解説です。自社株の評価は、非常にステップが長く、株価を求めるには多くの計算過程を経ます。しかし、株式を移転するには、株価がいくらかを把握することは最重要課題となります。事業承継を考える方必見の内容です!
事業承継・M&A

後継者不在率を考えると、事業承継はいつがベスト?

事業承継のベストタイミングはいつ?この問題、答えがあるようでないというのが本音です。それは、会社によってまちまちだから。でも、一つ言えるのは、「早い方がいい!!」その時の、必ず行う事項を解説しています。
事業承継・M&A

N字再建の真実!妻の実家のとうふ店を400億円企業にした元営業マンの秘策とは?

「妻の実家のとうふ店を400億円企業にした元営業マンの話」という本は、売上目標や損益責任のない経営手法について述べられた衝撃的な内容です。この本では、「N字再建」という考え方の根幹にある要素が明らかにされており、それが読者の納得を得ることにつながっています。数字の目標がないことで失敗のリスクもあるものの、踏み切る覚悟が必要とされます。読み応えのある本であり、経営に興味がある方には非常に参考になるでしょう。
事業承継・M&A

中国地方の危機!- 中国地方の後継者不足が深刻化

中国地方の事業承継について、未だに6割近い企業が後継者不足に悩んでいます。合わせて、現在、社長の年齢が50歳代の企業については、65%の会社で後継者が未定となっており、より不足している状況といえ、予備軍も多い状況です。解決するには、早めの対策が重要となり、今回は事業承継の対策を考えています。事業承継の渦中にある社長さん、必見の内容です。
事業承継・M&A

一秒先を行く!新感覚!アトツギベンチャー思考!

「事業承継」といっても、方法は様々。先代と同じ経営をするのもひとつですが、ベンチャー企業のように、新たな会社を作るイメージで承継するのも、またひとつの方法です。そんな「ベンチャー型事業承継」を紹介したこの一冊は、アトツギの方はとって必読書です。
PAGE TOP