相続税

相続・事業承継

相続税の時価が怖い!「総則6項」とは一体何なのか?

相続が発生した場合に、財産の価額を計算する時に関わってくるのが「財産評価基本通達」です。この中に、「原則」と「例外」があり、この「例外」が厳しくなってきたというニュースです。今後は、過度な節税目的は、どんどん厳しい扱いを受ける事になりそうです。財産が多い方、必読です。
相続・事業承継

令和6年から始まる相続時精算課税制度!相続税対策に必見!

今年より新しくなった相続時精算課税について紹介します。財産を移転する場合、 相続、贈与、譲渡の3つの方法があり、それぞれの特徴を説明します。また、相続時精算課税を利用する人の選定や注意点をまとめましたので、新しい相続時精算課税が気になる方、必見です。
相続税

相続の申告には、残高証明書

相続発生時には、銀行の残高証明書を取り寄せることが必要です。なぜ残高証明が必要なのか?という必要性や手続き方法、注意点を税理士が紹介しています。相続が起こった場合、何からすればいいのかわからないと思いますので、手続きにお悩みの方は、ご一読下さい。
相続・事業承継

相続税の申告要否は自分でわかる

いざ相続が発生すると、一体相続税がいくらなのか?不安に思っている方は、非常に多いです。簡単に相続税が判定できれば、少しは不安は解消されるかと思いますが。今回は国税庁の相続税申告要否判定を紹介しています。具体的な使い方や注意点を紹介しています。相続税に不安な方は、参照下さい。
事業承継・M&A

事業承継税制を使った後の要件維持

事業承継税制適用後の納税は注意が必要!一度税金を猶予されても、要件を満たさないと納税しなければならないんです。株式移転制限の厳しさも要注意です。詳細はこちらをご覧ください。事業承継税制を検討中の方、必見です。
事業承継・M&A

読書の夏_2023.8.20

今日、ご紹介するのは「新事業承継・相続の教科書」です。 事業承継の目指すべき先 事業承継と聞くと「=税金対策」と節税を意識しがちです。それもそのはず、中小企業の株式(社長の出資)は、上場企業の株価ように明確な金額がありませんが、株価を自ら計...
相続税

マンションの新たな課税を考える

さて、今回は相続税におけるマンションの新たな評価方法について、例を用いながら紹介します。 今回の改正案で、一部のお金持ちだけではなく、マンションに実際に住んでいる方でも対象になり得ますので注意が必要です。 現行のマンションの評価方法 現行の...
PAGE TOP