読書の時間

事業承継・M&A

N字再建の真実!妻の実家のとうふ店を400億円企業にした元営業マンの秘策とは?

「妻の実家のとうふ店を400億円企業にした元営業マンの話」という本は、売上目標や損益責任のない経営手法について述べられた衝撃的な内容です。この本では、「N字再建」という考え方の根幹にある要素が明らかにされており、それが読者の納得を得ることにつながっています。数字の目標がないことで失敗のリスクもあるものの、踏み切る覚悟が必要とされます。読み応えのある本であり、経営に興味がある方には非常に参考になるでしょう。
事業承継・M&A

一秒先を行く!新感覚!アトツギベンチャー思考!

「事業承継」といっても、方法は様々。先代と同じ経営をするのもひとつですが、ベンチャー企業のように、新たな会社を作るイメージで承継するのも、またひとつの方法です。そんな「ベンチャー型事業承継」を紹介したこの一冊は、アトツギの方はとって必読書です。
事業承継・M&A

読書の冬 2023.12.02

近江商人が大正時代に代々行われていた跡継ぎ教育を描いた「てんびんの詩」を紹介しています。日本には100年企業が多い理由に、小さな時から後継者教育がなされ、その家に生まれたら自然と引き継ぐものとして刷り込まれているので、自然と家業を承継していく流れがあったことにあります。その日本の古き良き歴史が手に取るようにわかる本です。
読書の時間

読書の冬_2023.11.22

今回紹介する本は、「お客様目線のつくりかた」です。「お客様目線」と「顧客満足」は、ごちゃごちゃに考えていましたが、現実的には似て非なるもの。我々税理士業でも、お客様目線は非常に重要。困っていることをお客様に聞き、そして提供してあげる事。これは、集客にもつながりそうです。
事業承継・M&A

読書の秋_2023.10.9

今回のご紹介は、「事業承継見える化 コンサルティング事例集」です。 事業承継は見える化が大事 事業承継は、次の2ステップで行われます。 Step1:誰に引き継ぐかStep2:何をいつまでに引き継ぐか まず最初に「誰」を決める 最初のステップ...
読書の時間

読書の秋_2023.9.26

今回のご紹介は、アンガールズ田中卓志さんの「ちょっと不運なほうが生活は楽しい」です。 最近、TVで大活躍しているのに広島のローカル番組にも出続けており、大好きな田中さんの書下ろしです。 俯瞰した自分が 今回、いつものビジネス書とは違い、人気...
読書の時間

読書の秋_2023.9.18

今回紹介する本は、「確実に資産を残す 相続・税金対策の教科書」です。 すぐにはできない相続対策 日本の相続税は非常に高く何も対策をせず三回相続が起こると財産はなくなると言われています。 よって、財産を次の世代以降に引き継いでいくには、生まれ...
事業承継・M&A

読書の秋_2023.9.12

今日ご紹介するのは、「社長のための分散株式の集約で経営権を確保する方法」です。 事業承継・M&Aの際、少数株主への対応も難しくしているひとつの要員です。 この本では、実例を交えながら解説されております。 経営権は、分けずに承継 経営権は、分...
読書の時間

読書の秋_2023.9.8

今回ご紹介する本は「決算書×ビジネスモデル大全」です。 同業他社比較 決算書を見ると同業であっても、それぞれの会社がどのようなビジネスモデルかによって、決算書も大きく変わってきます。 例えば・自社で生産するのか・他社に生産を委託するのか・国...
相続・事業承継

読書の夏_2023.8.28

今日、ご紹介するのは「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」です。 非上場株式は現金化が難しい財産 非上場株式を所有している場合、株価の算定方法とその仕組みをわかっていないとある日突然驚くことに・・・ 非上場株式は、売買の成立が難し...
PAGE TOP